P6303英文法 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数364
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学英文法

    代表キーワード

    英文法佛教大学P6303

    資料紹介

    佛教大学 英文法 第2設題 B判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     英語のpolitenessと日本語の「丁寧表現」を比較することによって、その類似点と相違点を具体例を通して明らかにしなさい。
     
     英語の辞書を引くとpolitenessは、名詞句として礼儀正しさ、丁重
    さ、(他人への)思いやり、丁寧さとある。この意味のままであれば英語のpolitenessも日本語の「丁寧表現」も同様になるが、ブラウン&レビソンの「ポライトネス理論」から考察すると和訳の意味そのままのような一般的なものではない。
    ブラウン&レビソンは現在までポライトネスに関して、最も包括的で
    あり、また最も影響力を持つものと考えられている。彼らはポライトネスを狭い意味の「丁寧さ」ではなく、対人的な配慮の結果としての言語行動として捉えている。つまり、ポライトネスを調和の取れた関係を作りだしたり、維持したりするといった様々な目的を達するために話し手が用いる1つのストラテジーと考えている。又、 ブラウン&レビソンは「フェイス」を人間の基本的な欲求の1つを表す概念として提案し、それを「他者に理解されたい、好かれたい」というポジティブフェイスと「賞賛されないまでも少なくとも他者に邪魔されたり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。