佛教大学 Z1002 スポーツ論入門

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数419
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    添削担当者の評価を以下に示します。
    【設題の把握】 十分
    【テキストの理解】 十分
    【評価】B
    【所見】
    ご自身のこれまでの運動経験よりえられたことを中心にのべらていました。文中で書かれてる通り、その経験を今後教職に就かれた時に是非活かしてほしいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。
    先日、勤務する会社内において運動会があり、100メートル走や走り幅跳び、3000メートルマラソンなどをする機会があった。当日、日頃スポーツや運動に関わることの少なくなった者同士の会話の中で、大人になってからスポーツに関わることが極端に減ってしまってはいるが、自分たちが子どもったころと比べて、現在の子ども達はどの程度スポーツと関わりを持ち、スポーツとどう向き合っているのかという話題になった。その際、様々な方法で調べてみようということになった。ここでは、その際の調べ学習とでも言うべき内容などをもとに、現代の子どもたちは、どの程度スポーツと関わりを持ち、スポーツに向き合っているのかなどを考察してみたいと思う。
    文部科学省の「体力・運動能力調査」は1964年以来、継続的になされている貴重な資料である。その調査の結果から、以下の通りの問題点が指摘される。形態(身長・体重等)は経年的に大きくなっているが、体力・運動能力の低下が顕著となっている。文部科学省が実施している新体力テストは、身体の様..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。