佛教大学 Z1115道徳教育の研究

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数373
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】
    道徳教育の意義について述べよ。

    添削担当者の評価を以下に示します。
    【設題の把握】 十分
    【テキストの理解】 十分
    【評価】A
    道徳教育がなぜ必要かが上手く説明されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の意義について
     二十一世紀に入り、ますますグローバライゼーションが進行するにつれ、価値観の多様化が加速度的に進みつつある現代において、特に初等・中等教育の段階における道徳教育の重要性が増大しつつあることについては言を俟たない。以下では、まず我々が「道徳」という言葉にこめている本質について確認する。しかる後、現代社会における道徳教育の意義について考察し、道徳教育がなぜ必要なのかについて多角的な考察を試みる。
    1. 道徳の本質
     我々が道徳という言葉を聞いて連想する内容とはいかなるものであろうか。無私の愛、友情の共同、相互援助、同情心等が挙げられようか。あるいは歴代の宗教家の教義に関する知識のある者は、キリスト説いた隣人への愛、孔子の孝、ブッダの慈悲等を候補として挙げることもあろう。これらの諸語を踏まえた上で、道徳を解説するならば、それは人間を理性と自由意志を超えた主体を具えた状態に高めるものと言うことができるであろう。そして、それを達成した人間は、真の意味での「人格化」を成し遂げた存在へと成長できるのであり、そのような意味では、道徳とは個人の内に具わる独立した人格を形成するため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。