佛教大学 Z1104 教育社会学1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数194
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて、学力の視点から述べてください。

    添削担当者の評価を以下に示します。
    【設題の把握】 十分
    【テキストの理解】 十分
    【評価】A
    【所見】
    テキストに沿ってしっかりと述べられています。学歴社会の現状と問題点も正確に考察できています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会と高学歴化について
    明治以降の日本の社会システムは学歴社会であると表現されて久しい。少なくとも現在50才以上の世代にとっては、高校卒業時によい大学に入学しそれを修了しさえすれば、安定し高収入が期待できる就職先が付属してくるという通念が存在した。近年、このような状況は変わりつつあるといわれている。
    以下では、日本社会に様々な正負の影響をもたらしたこの学歴社会の内実を概観し、現在ではそれがどのように変化しつつあるかを考察する。その後、学歴社会としばしば混同される高学歴社会を取り上げ、それが社会にもたらす影響について考察する。
    1. 学歴社会とはなにか
    学歴社会とは、「その社会に含まれる人の社会的・職業的地位を判断する指標として学歴が重視される社会」のことを指す。したがって、この様な社会では、高学歴を有する人物は社会的に高い立場とみなされる職業や地位に就きやすく、反対に当該学歴を有さない人物はそのような職業に就くに値しないと判断されがちになる。それではこの学歴重視のあり方は社会にどのような利点と弊害をもたらしたのであろうか。以下、簡略ながら別個に概観することとする。
    《学歴社会の形成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。