佛教大学 Z1001日本国憲法

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数188
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【設題】
    法の下の平等について

    添削担当者の評価を以下に示します。
    【設題の把握】 十分
    【テキストの理解】 十分
    【評価】A
    【所見】
    よく理解するべく努力されており結構かと存じます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について
    法の下の平等とはどのようなものか。
    我々人間が外面的・内面的に様々な差異を抱えている中、法の適用においては、その様な差異による区別が為されないという原則を宣言したものであり、近代憲法において、概ねこの原則が除かれることはないものである。
    1. 自由と平等
    自由と平等が近代憲法を構成する理念の柱となっていることはいうまでもない。たとえば、西洋の絶対王政打倒に大きな影響を与えたフランス革命では、「自由」・「平等」・「博愛」がスローガンとして掲げられており、その成功に伴う人権思想の伸張に重要な役割を果たした。日本国憲法においても、自由権・平等権は基本的人権の一部に数えられており、前者の自由権に関しては、「精神の自由」、「経済活動の自由」、「身体の自由」という形でその保障が明文化されている。
    他方、後者の平等権に関しては、日本国憲法第14条第1項において、「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的または社会的関係において、差別されない。」(第1項)とあり、法の適用、ひいては法の内容における平等が規定されている。
    2...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。