佛教大学 M6106 R0113 日本語学概論 第二説題

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数465
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】
    「美しい」と「きれいだ」について、意味の類似点と相違点を述べなさい。

    添削担当者の評価を以下に示します。
    【設題の把握】 十分
    【テキストの理解】 十分
    【評価】A
    添削者からの訂正がほとんど無く、合格でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     まず『大辞泉』と『大辞林』を用いて、「美しい」と「きれいだ」の用法と用例を述べることとする。
    「美しい」の用法と用例
    1)色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心
    や態度の好ましく理想的であるさまにもいう。
    あでやか。うるわしい。「若く美しい女性」「琴の音が美しく響く」
    きちんとして感じがいい。「美しい街並み」「美しい文章」
    清らかでまじりけがない。好ましい。「美しい友情」
    2)妻子など、肉親をいとおしく思うさま。また小さいものを可憐に思うさま。かわいい。いとしい。愛すべきである。
    ①「うつくしと思ひし妹を夢に見て起きてさぐるに無きぞ悲しき」
    ②「なにもなにも、小さきものはみなうつくし」「妻子みればめぐし美し」
    3)立派である。見事だ。
    ①「かの木の道の匠の造れる、美しきうつは物も」
    4)きれいでさっぱりとしている。
    「美しう果てた」「美しくお暇とり、二度在所へ来るように」
    「きれいだ」の用法と用例
    1)色・形などが華やかな美しさを持っているさま。
    「きれいな花」「きれいに着飾る」
    2)姿・顔かたちが整っていて美しいさま。
      「きれいな脚」「きれいな女性」
    3)声..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。