精神保健福祉理論と相談援助の展開Ⅱ④ 地域精神保健福祉活動において精神保健福祉士に必要な視点を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数786
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価,精神保健福祉学科短期過程,広島の某専門学校の課題レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域における望ましい精神保健福祉活動の意義は,障害のある人々への精神科医療を中心とした施設ケアから,地域生活を支援するという包括的な地域ケア体制に移行しつつあることにある。その地域ケアの展開では,欧米千地域において培われた理念に基づく実践的な展開でもって,その有効性の根拠が積み上げられ,実証されつつある。それらの先駆的取り組みに倣い我が国に導入される場合には,各々の地域特性へのフィッティングが必要となる。
     日本における精神保健福祉活動は,大きく2つの志向性から包括的な支援体制を整備するよう求めてきた。一つはライフサイクルの各段階において現れるメンタルヘルスの諸問題への包括的な支援策を求めてきた。その援助方針はいわゆる予防概念によって展開され,第一次予防で生活環境の改善を図りつつ,早期の相談や危機への介入を通して精神障害の発生の予防を目指し,第二次予防によって精神障害の早期発見や早期治療に努め,第三次予防で早期回復や再発予防等を保健・医療・福祉の専門職のみならず,多くの関係者や地域住民等を含めた人々によって推進するよう求めてきた。
     従来の精神医療・福祉対策の展開過程のため,長期入院..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。