精神保健福祉理論と相談援助の展開Ⅰ② 精神障害者支援の代表的な実践モデルについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数990
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価,精神保健福祉学科短期過程,広島の某専門学校の課題レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障害者支援の実践モデルを,精神保健福祉士の視点で捉えた場合「精神に障害を抱えた人々への支援を展開する際に,その実践の指標・標準となるもの,範型となるもの」を意味することになる。
     では,その実践モデルの捉え方であるが,テキストではモデルという用語が必ずしも共有された概念ではなく,アプローチと混同される前提の元で「認識できる事象・現象を抽象的に,時に隠喩的に描写するもの。すなわち,複雑な実態の部分もしくは全体を,特定の決定要因に支配されず体系的思考形態によって記述することで,象徴的な理解を促し深めるもの。」と規定している。
     その上で「実践モデル」を,『「クライアントの生活課題の解決を図り、社会的機能の改善・維持・向上を実現し,最善の利益を確保・獲得するために活用する実践理論に基づき,それをより簡潔化・定型化したひな形」と定義し,より具体的にはクライアントが抱える生活実態や生活課題への把握・理解を促進させる課題認識の範型としての「実践モデル」理解である。』としている。
     主な精神障害者支援の実践モデルとしては,治療モデル,生活モデル,ストレングスモデルが挙げられる。
     治療モデルは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。