精神保健の課題と支援① 労働者のうつ病,自殺の現状と国の対策について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数314
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価,精神保健福祉学科短期過程 広島の某専門学校の課題レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     労働者に限らず,国の自殺対策は喫緊の課題である。
     先日発表された内閣府の自殺に関する成人の意識調査によると,「自殺したいと思ったことがある」と回答した人の割合は全体の23.4%に上り,2008年の前回調査に比べ,4.3ポイント増加している。
     警察庁の発表によると,平成23年の自殺者数は30,651人,人口10万人に対する自殺死亡率は24.0となっており,平成23年の交通事故死者数4,612人と比較しても6倍以上とはるかに高い数字となっている。
     自殺の直接的な原因として,経済的問題や家庭内の問題,疾病などがあげられるが,実際に自殺に踏み切らせる引き金としての「うつ病」は大きな原因となり得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。