佛教大学 S0839病弱虚弱児の指導法 試験6題x解答

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数934
ダウンロード数77
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0839病弱虚弱児の指導法 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0839 病弱虚弱児の指導法 科目最終試験
    病弱教育における重複障害のある児童生徒の指導について述べよ。
    病弱教育における関係先(病院等の医療、福祉、小中学校(=前籍校)、保護者)との連携はどのようなものか、説明せよ。
    病弱教育におけるマルチメディアの活用の意義、内容、指導について述べよ。
    病弱教育における「総合的な学習の時間」のねらい、内容、指導について述べよ。
    病弱児童生徒の学習空白、学習の遅れとは何か、またそれへの具体的指導支援策や配慮事項を述べよ。
    病弱児童生徒の悩み、不安がどのようなものかを説明し、それに対する教師の心理面、教育面等の指導・支援のあり方を述べよ。
    参考文献
    『病弱・虚弱児の医療・療育・教育 改訂2版』 宮本信也・土橋圭子 編
    1.病弱教育における重複障害のある児童生徒の指導について述べよ。
    病気以外に他の障害を併せ有する児童生徒は、一人ひとりの障害の状況が多様であり、発達の諸側面に不均衡が大きい。そのため、心身の調和的な発達の基盤を培うことをねらいとした指導がとくに必要となり、自立活動を中心とした指導を行っている。自立活動の指導によって、一人ひとりの抱えて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。