佛教大学 S0835病弱虚弱児の心理・生理・病理 試験6題x解答

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数683
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0835病弱虚弱児の心理・生理・病理 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理
     科目最終試験
    慢性疾患の診断告知が家族に与えるストレスとそのケアについて述べなさい。
    気管支喘息の病理と治療について説明し、その上で療育と教育において、留意すべき点をあげなさい。
    長期入院児に対する心理的・教育的援助のあり方について述べなさい。
    糖尿病の病理と治療について説明し、その上で心理的・教育的援助のあり方について述べなさい。
    急性白血病の頻度・主な症状・予後について説明し、その上で心理的・教育的援助のあり方について述べなさい。
    てんかんの定義・原因・症状について説明し、てんかん発作時の対応についてまとめなさい。
    参考文献
    『特別支援教育に生かす 病弱児の生理・病理・心理』
    小野次朗・西牧謙吾・榊原洋一 編著
    1.慢性疾患の診断告知が家族に与えるストレスとそのケアについて述べなさい。
    慢性疾患の診断の告知が家族に与えるストレスは、
    ・「この子は一体どうなるの?」といった漠然とした不安
    ・起こりうる合併症および死の恐怖
    ・子どもに対する、今まで抱いてきた人生の目標や親としての夢の消失の不安
    ・その病気によって引き起こされる生活パターンの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。