佛教大学 S0834肢体不自由児の心理・生理・病理 試験6題x解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数810
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0834肢体不自由児の心理・生理・病理 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0834 肢体不自由児の心理・生理・病理
     科目最終試験
    脳性麻痺の定義と分類、原因について述べ、脳性麻痺児に対する支援方法について述べよ。
    脳性麻痺の原因とその症状と教育的対応について述べよ。
    脳の機能局在の視点から器質障害の病理と症状について述べよ。
    てんかんの定義と分類およびその教育的対応について述べよ。
    運動障害(肢体不自由)の特徴と分類について述べ、運動障害(肢体不自由)児に対する支援方法について述べよ。
    中途障害の心理特徴と、障害受容について述べ、中途障害児・者に対する支援方法について述べよ。
    参考文献
    『障害特性の理解と発達援助 第2版』
    昇地勝人・蘭香代子・長野恵子・吉川昌子 編
    1.脳性麻痺の定義と分類、原因について述べ、脳性麻痺児に対する支援方法について述べよ。
    脳性麻痺は、厚生労働性の狭義の定義では、「受胎から新生児期までに生じた脳の非進行性病変基づく永続的なしかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発現する。進行性疾患や一過性運動障害、または将来正常化するであろうと思われる運動発達遅延は除外する」と記述されており、幼児期になると中枢神経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。