佛教大学 S0833知的障害児の生理・病理 試験6題x解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数772
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0833知的障害児の生理・病理 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0833 知的障害児の生理・病理 科目最終試験
    知的障害と発達障害の定義とその教育的対応における同異について述べよ。
    知的障害児の原因とその症状について述べよ。
    知的障害児の教育と医療の接点について述べよ。
    発達障害の種類・定義・特徴およびその教育的対応のあり方について述べよ。
    ノーマライゼーションの視点から知的障害における教育的かかわりについて述べよ。
    脳の機能局在の視点から知的障害の病理と症状について述べよ。
    参考文献
    『エピソードでみる障碍の理解と支援』 菅原伸康 著
    『発達障害児の心と行動〔改訂〕』 太田昌孝 著
    1.知的障害と発達障害の定義とその教育的対応における同異について述べよ。
    知的障害は、アメリカ精神遅滞協会(AAMR)によると「精神遅滞は、知的機能および適応行動(概念的、社会的、および実用的な適応スキルで表される)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力障害である。この能力障害は、18歳までに生じる」と定義されている。日本では、知的障害についてはっきりした定義が示されているわけではない。
    発達障害は、発達障害者支援法によると「自閉症、アスペルガー症候群その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。