佛教大学 S0833知的障害児の生理・病理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数638
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0833知的障害児の生理・病理 レポートです。

    『知的障害と広義・狭義の発達障害の同異および各発達障害の定義とその特徴について述べよ。』

    2014年度 B判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0833
    知的障害児の生理・病理
       佛教大学通信教育課程
    知的障害と広義・狭義の発達障害の同異および各発達障害の定義とその特徴について述べよ。
    知的障害は、精神機能の領域において遅滞があることを主徴する状態を示している。アメリカ精神遅滞協会(AAMR)では、「精神遅滞は、知的機能および適応行動(概念的、社会的、および実用的な適応スキルで表される)の双方の明らかな制約によって特徴づけられる能力障害である。この能力障害は、18歳までに生じる」と定義されている。日本では、知的障害についてはっきりした定義が示されているわけではない。知的障害をおこす要因はさまざまであり、単一ではない。知的障害は、遺伝性の原因による内因性要因と、環境性・獲得性の原因による外因性要因があり、社会生活をする上で援助を必要とするものと考えることができる。
    一方の発達障害は、発達障害者支援法によると「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されている。発達障害者支援法の施..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。