佛教大学 S0839病弱虚弱児の指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数612
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0839病弱虚弱児の指導法 レポートです。

    『一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)とを比較し、ア.配慮や支援のあり方、イ.教科等の学習、等の違いを述べよ。(1,600字程度)個別の指導計画の意義、効果、活用等について述べよ。(1,600字程度)』

    2014年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0839
    病弱虚弱児の指導法
       佛教大学通信教育課程
    一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)とを比較し、ア.配慮や支援のあり方、イ.教科等の学習、等の違いを述べよ。(1,600字程度)個別の指導計画の意義、効果、活用等について述べよ。(1,600字程度)
    義務教育段階の小・中学校では、病気の児童生徒への教育は、病弱・身体虚弱特別支援学級、通級による指導、通常の学級において行われている。病弱・身体虚弱児特別支援学級は、通学することのできる児童生徒のために小・中学校の校舎内に設けられている場合と、院内学級と言われる病院に入院中の児童生徒のために近隣の小・中学校を本校として病院内に設けられている場合とがある。
    配慮や支援のあり方
    通級による指導の対象者は、通常での学習におおむね参加でき、一部特別な指導を必要とする病弱または身体虚弱の程度の者である。気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患、ネフローゼや1型糖尿病などの内臓系疾患の治療を継続しながら通常の学級に在籍している児童生徒もいるが、健常児と同じ時間量の授業を受けることが難しかったり、活動内容によっては疾患や症状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。