佛教大学 S0835病弱虚弱児の心理・生理・病理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数603
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0835病弱虚弱児の心理・生理・病理  レポートです。

    『病弱・虚弱児の主な疾患について、生理・病理を簡単に説明し、医療と教育の連携を具体的に述べなさい』

    2014年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0835
    病弱虚弱児の心理・生理・病理
       佛教大学通信教育課程
    病弱・虚弱児の主な疾患について、生理・病理を簡単に説明し、
    医療と教育の連携を具体的に述べなさい。
    悪性腫瘍
    小児がんは約1万人に1人のまれな発症率でありながら、幼児期以降の小児の疾患による死亡原因の中で第一位と生命を脅かす可能性のある疾患である。ほとんどが上皮性の悪性腫瘍である成人のがんに比べて、小児がんは非上皮性の悪性腫瘍であることが多い。
     小児がんの種類は、白血病、脳腫瘍・脊髄腫瘍、神経芽腫、悪性リンパ腫、網膜芽腫、骨腫瘍(骨肉腫、ユーイング肉腫など)、腎腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、肝腫瘍(肝芽腫など)、軟部腫瘍(横紋筋肉腫など)、胚細胞性腫瘍などがある。中でも最も多い白血病が、小児がんの約35%を占めている。
    循環器疾患
    病弱・虚弱児の対象となる循環器疾患は、先天性心疾患と後天性心疾患に大きく分けられる。
    先天性心疾患には、①治療も必要なく一般生活に規制がない疾患(小さな心室中隔欠損や軽症の肺動脈狭窄)、②手術などで治療し普通の生活ができる疾患(大きな心室・心房中隔欠損や動脈管開存)、病弱・虚弱児教育の対象..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。