佛教大学 S0834肢体不自由児の心理・生理・病理 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数482
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0834肢体不自由児の心理・生理・病理  第二設題レポートです。

    『てんかんの定義・症状・診断・原因・治療および教育的対応について述べよ。』

    2014年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0834
    肢体不自由児の心理・生理・病理
               第二設題
       佛教大学通信教育課程
    てんかんの定義・症状・診断・原因・治療および教育的対応について述べよ。
    てんかんは、大脳ニューロンが発作性に過剰放電を繰り返し、それに伴って異常な反応(てんかん発作)を繰り返すことを主徴とする慢性の脳疾患である。①大脳神経細胞の異常な興奮によって起こる、②2回以上繰り返して出現する、③長期持続する疾患であり、原因や表れる症状、検査結果もさまざまである。
    原因は完全に解明されているわけではないが、ある一群の神経細胞群が勝手に無秩序に興奮するために起こると考えられている。原因がわからない原発性てんかんが大半を占めているが、続発性てんかんとして胎児期や出生後の低酸素脳症、脳炎や髄膜炎などの感染症、先天性代謝異常、脳奇形など、わかっている原因はさまざまなものがある。
    てんかん発作は、全身に一斉に出現する全般発作と、身体や精神機能の一部に出現する部分発作とに大別される。それぞれに、痙攣を生じるものと生じないものとがあり、部分発作には意識障害を伴うものと伴わないものとがある。非痙攣性てんかん発作..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。