佛教大学 S0836知的障害教育Ⅰ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数863
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0836知的障害教育Ⅰ レポートです。

    『テキストで学習した知的障害の障害特性をふまえ、知的障害児が被るであろう社会的不利について考察し(その際、WHOの障害の定義やICFのモデルを参照すること)、その解決方法について具体例をあげて説明せよ。』

    2014年度 B判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0836
    知的障害教育Ⅰ
       佛教大学通信教育課程
    テキストで学習した知的障害の障害特性をふまえ、知的障害児が被るであろう社会的不利について考察し(その際、WHOの障害の定義やICFのモデルを参照すること)、その解決方法について具体例をあげて説明せよ。
    「ICF」とは、International Classification of Functioning,Disability and Health(国際生活機能分類)の略であり、2001年のWHO総会において改訂された、人間と環境との相互作用を基本的な枠組みとして、人の健康状態を系統的に分類するモデルである。WHOの総会において、「ICIDH」の改訂版として採択された。それまでの考え方としては、疾病→機能障害→能力障害→社会的不利のように、生活のしにくさは、本人に障害があることが原因で発生するという一方向のものであった。
    しかしICFでは、身体機能のみならず、社会参加や活動をも視野に入れており、障害という人間の負の側面だけをとらえるのではなく、前向きで中立的な立場で人間を理解することを重要視している。つまり、健康な生活を営んでいる人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。