佛教大学 S0837知的障害教育Ⅱ 試験6題x解答

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,120
ダウンロード数80
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0837知的障害教育Ⅱ 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0837 知的障害教育Ⅱ 科目最終試験
    知的障害教育における自立活動について、その特徴と具体的なあり方について述べよ。
    知的障害教育における自立活動と各教科との関係について述べよ。
    知的障害者の就労を困難にしている要因について、ICFの社会モデルを参照し、さまざまな観点から検討せよ。
    青年期の知的障害者に必要な「生きる力」とは具体的にどのような事柄を指すか、またそうした力を養うためのアイディアについて検討せよ。
    知的障害者の社会参加を考えるにあたり、学校教育の限界と可能性について具体的に論じなさい。
    通常学級における知的障害児への教育支援のあり方について、学習上の個別の配慮事項と共生教育との関係から述べよ。
    参考文献
    『知的障害児の特別支援教育入門 授業とその展開』 阿部芳久 著
    1.知的障害教育における自立活動について、その特徴と具体的なあり方について述べよ。
     学習指導要領によると、自立活動の目標は「個々の児童又は生徒が自立を目指し、障害による学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な知識、技能、態度及び習慣を養い、もって心身の調和的発達の基盤を培う。」と示され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。