佛教大学 S0104教育方法学 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数880
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0104教育方法学 第二設題レポートです。

    『知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。』

    2013年度 B判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0104
     教育方法学 第二設題
       佛教大学通信教育課程
    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
     知識基盤社会を生きるためには、幅広い知識と柔軟な思考力に基づく新しい価値の創造が求められる。新しい知識や技術が、政治・経済・文化をはじめとする社会のあらゆる領域での活動の基盤として、飛躍的にその重要性を増す今日の知識基盤社会の時代を見据えて、新学習指導要領では、「生きる力」を育むという基本理念のもと、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力の育成を目指して教育内容の改善が図られた。現代社会を生きる子どもたちには、情報活用能力や基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着と、これらを活用する思考力・判断力・表現力といった能力が必要とされているのである。
     わが国では子どもの学力低下が大きな問題となっている。学力が低下しているという議論は、世代論などと絡めて古..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。