佛教大学 S0841聴覚障害教育総論 試験6題x解答

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,159
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0841聴覚障害教育総論 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。
    足りない部分は、各自で補ってください。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0841 聴覚障害教育総論 科目最終試験
    言語獲得期以前に失聴すると、「犬」「卵」などの具体的なことばはかなり獲得できても、小学校高学年以降の教科学習が困難な聴覚障害児が今なお多く見られるが、その理由を考察せよ。また、「税金」「人情」などの抽象的な単語、慣用句やことわざ、オノマトペ(擬音語・擬態語)など、高いレベルの日本語や学力を獲得させるための手だてや留意点について、どのように考えるか。「自分なら、このような方法で教えたい」と思っていることなどを、できるだけ具体的に述べよ。
    戦後、大半の聾学校で「聴覚口話法」が採用され、またインテグレーションが進められたが、その時期における「障害認識」形成やアイデンティティ確立に関する問題点を、具体的に記述せよ。また、現在は「インクルーシブ教育」の必要性が叫ばれているが、「インテグレーション」と「インクルージョン」の違いを述べた上で、地域校に在籍する聴覚障害児(特に軽度の難聴児)に対する配慮事項について、できるだけ具体的に述べよ。
    聴覚障害の種類についてごく簡単に述べた上で、日本の聴覚障害教育の歴史をまとめよ。それから、聾教育界で繰り広げられてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。