佛教大学 S0837知的障害教育Ⅱ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数729
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0837知的障害教育Ⅱ レポートです。

    『知的障害児の就労を目的とした指導内容はいかにあるべきか、自立活動の6領域26項目を活用しながら具体的に述べよ。』

    2013年度 B判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0837
     知的障害教育Ⅱ
       佛教大学通信教育課程
    知的障害児の就労を目的とした指導内容はいかにあるべきか、
    自立活動の6領域26項目を活用しながら具体的に述べよ。
     障害者施策の基本理念であるノーマライゼーションの実現のためには、職業を通しての社会参加が基本となるものといえる。そのため、障害のある人がその適性と能力に応じて可能な限り雇用の場に就くことができるよう、障害者の就労を支援する施策として「障害者の雇用の促進等に関する法律」が制定されており、これは障害者の雇用義務等に基づく雇用の促進等のための措置、職業リハビリテーションの措置等を通じて、障害者の職業の安定を図ることを目的としている。
    この障害者雇用促進法では、企業に対して雇用する労働者に占める障害者の割合が一定率以上になるように雇用を促進するための法定雇用率を定め、障害者雇用を義務付けている。法定雇用率は平成25年4月1日から引き上げとなり、国及び地方公共団体は職員の2.3%以上、都道府県等の教育委員会は職員の2.2%以上、その他の一般事業主にあっては常用雇用労働者の2.0%以上と、障害者を雇用することが更に求められる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。