佛教大学 S0107教育行政学 第一設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,155
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0107教育行政学 第一設題レポートです。

    『「教育行政の一般行政からの独立」について論じなさい。(教育委員会制度についても言及すること)』

    2013年度 B判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0107
     教育行政学 第一設題
       佛教大学通信教育課程
    「教育行政の一般行政からの独立」について論じなさい。
    (教育委員会制度についても言及すること)
     教育行政とは、教育の目的を遂行するために必要な諸条件(学校の設置、教職員の配置、教育課程、施設・設備など)を整備する営みのことである。
     日本の教育行政の基本原理の一つである地方自治は、教育行政の民主化、地方分権化、一般行政からの独立をその内容とするものであり、その原則の下に地方教育行政の組織は、教育委員会を地方公共団体における教育行政の責任機関とする形で具体化された。この教育委員会制度は、教育に対する不当な支配の禁止、国民全体に対する直接的責任、公正な民意の尊重、地方の実情に応じた教育行政の実施により、教育本来の目的を達成することを目的とした制度であったため、単に地方自治の原理の実現形態ではなく、教育基本法十条に掲げる法原理の具体化でもあった。また、教育委員会の委員は、地域の人々の公選によって選ばれ、日本国民は初めて教育に対して意思表示することが認められた。このような教育委員会は、一般行政から相対的に独立した行政機関として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。