佛教大学S0842重複障害・軽度発達障害児の指導法 第二設題

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数495
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0842重複障害・軽度発達障害児の指導法 第二設題レポートです。

    『自閉症の3つの基本特性について説明し、その特性を踏まえた指導や支援について具体的に述べなさい。』

    2013年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0842
     重複障害・軽度発達障害児の指導法
                    第二設題
       佛教大学通信教育課程
    自閉症の3つの基本特性について説明し、
    その特性を踏まえた指導や支援について具体的に述べなさい。
     自閉症は中枢神経系のなんらかの機能不全を基礎とする特異な症状群を示す行動問題であり、アメリカ精神医学会による診断基準DSM-Ⅲ-Rでは広汎性発達障害に分類されている。その特徴的な障害とは、
    ①社会性の障害(対人的相互反応の障害)
     視線を合わせない、合わせにくい、人を避けるなどの行動があり、感情を共有しにくいため、周りの人がどのように感じているのかを察知することに困難を感じていることが多い。
    ②コミュニケーションの障害
     言語性でより障害が強く、言葉を話して伝えることの障害が目立つ。一般には視覚的な情報がより入りやすいという特徴がある。
    ③想像力の障害
     先の見通しが立てられない、見通しがつかない状況での不安が強く、応用がきかないといった症状や、興味や活動の幅が狭い、こだわりが強いこともこれに関連する。        (テキスト引用)
     自閉症の子供は、多動や固執性、情..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。