佛教大学 S0838肢体不自由児の指導法 試験6題x解答

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数817
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0838肢体不自由児の指導法 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0838 肢体不自由児の指導法 科目最終試験
    平成19年度に実施された学校教育法の法律改正の主要な点を3つ述べなさい。
    ICFについて述べなさい。
    肢体不自由児の障害特性が社会指導に及ぼす影響および指導の工夫、配慮について述べよ。
    肢体不自由児の障害特性が理科指導に及ぼす影響および指導の工夫、配慮について述べよ。
    脳性麻痺の合併障害について述べなさい。
    脳性麻痺アテトーゼ型の特徴について述べなさい。
    参考文献
    『肢体不自由教育の理念と実践』 筑波大学付属桐が丘特別支援学校 著
    1.平成19年度に実施された学校教育法の法律改正の主要な点を3つ、述べなさい。
     特別支援教育を推進するための学校教育法の一部を改正する法律は、平成18年6月に公布され、平成19年度から実施された。ここでは、「特殊教育」が「特別支援教育」と改正され、特殊な場で行う特殊教育から一人ひとりのニーズに応じる特別支援教育へ、という基本的な考え方の歴史的転換が行われた。
     法律改正の主要な点は、以下の3つである。
    盲・聾・養護学校を特別支援学校に一本化
     これまで盲学校、聾学校、養護学校は、障害種別に設置されてきたが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。