佛教大学 S0613社会科概論 試験6題x解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,564
ダウンロード数137
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0613社会科概論 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0613 社会科概論 科目最終試験
    「理論1 社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断させれば、市民的資質が育つ。」を説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連について考察しなさい。
    「理論4 単元の学習内容が、構造化された知識として提示されれば、学習内容の定着性・応用度が高まる。」を説明しなさい。
    「理論10 事象の分析結果、法則性、未来予測を踏まえれば、合理的意思決定ができる。」を説明しなさい。
    「理論15 社会を認識している自己の位置を相対比できれば、認識内容の化学科が諮れる。」を説明しなさい。
    「理論16 『知る』、『わかる』を区別した授業設計ができれば、社会的見方の育成が可能になる。」を説明しなさい。
    「理論22 子どもが持っている情報と結びつけながら探究させれば、納得的に分からせることができる。」を説明しなさい。
    参考文献
    『社会科固有の授業理論 30の提言』 岩田一彦 著
    1.「理論1 社会認識内容を豊かに育成し、それを判断材料として価値判断させれば、市民的資質が育つ。」を説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。