佛教大学 S0606美術概論Ⅰ 試験6題x解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,745
ダウンロード数90
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0606美術概論Ⅰ 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    ※旧教科書対応です。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0606 美術概論Ⅰ 科目最終試験
    答案の冒頭で平成20年版学習指導要領・図画工作「教科の目標」を正確に示し、その意義・構成等について論述すること。
    平成20年版学習指導要領(図画工作)の「改訂の要点」について概説すること。その際、具体的に3つ以上の「改訂の要点」を示して、それぞれについて説明すること。
    明治時代の美術教育について概説すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。(フェノロサ、鉛筆画・毛筆画論争、新定画帖)
    大正時代・昭和時代(戦前)の美術教育について概説すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。(自由画教育運動、小学図画、戦時体制下)
    戦後の公教育へ影響を与えた民間美術教育運動について概説すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。(創造美育協会、新しい絵の会、造形教育センター)
    教育史における「美術の教育」「美術による教育」に関する主張について論述すること。その際、以下の3つの用語を必ず使用し、用語の箇所に下線を付すること。(チゼック、ローウェンフェルド、アイス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。