佛教大学 S0101教育原論 試験6題x解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,627
ダウンロード数124
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0101教育原論 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0101 教育原論 科目最終試験
    公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
    ルソーの教育思想の特徴(消極教育や自然主義など)について述べ、その意義や問題点を考察せよ。
    ソクラテス的対話(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について考察せよ。
    コメニウスの教授学や一斉教授について述べ、現在の学校教育における意義を考察せよ。
    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷(ハッチンズ・フォール報告など)を述べよ。
    参考文献
    『教育学の基礎』 田中圭治郎 編著
    1.公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
     日本における、農耕文化を中心とする生活が営まれていた頃の学校は、支配階級のものであった。知識や情報はさまざまな体験や経験によって身につけられ、家庭では「しつけ」として、地域社会では「掟」として教育されていた。しかし、産業革命・国家主義の傾向が強まるにつれて、庶民の子どもたちの教育が求められ、複線型学校制度のもと、支配階級と庶民の子どもたちは別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。