佛教大学 S0841聴覚障害教育総論

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,160
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0841聴覚障害教育総論 レポートです。

    『聴覚障害教育において現れる「9歳の壁」の具体的事例(教科面・心理面)を詳しく述べ、それが生じる理由とその克服の方向性について考察せよ。その上で、現在の「聴覚口話法」(聴覚活用・発声・読話など)の「効果」と「限界」、ならびに「手話法」(手話使用)の「効果」と「限界」のそれぞれをどうとらえるかをごく簡単にまとめよ。さらに、インクルーシブ教育への志向の中で、また超早期に聴覚障害が発見されるようになった状況の中で、大切にされるべき点について詳しく考察せよ。』

    2013年度 C判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0841
     聴覚障害教育総論
       佛教大学通信教育課程
    聴覚障害教育において現れる「9歳の壁」の具体的事例(教科面・心理面)を詳しく述べ、それが生じる理由とその克服の方向性について考察せよ。その上で、現在の「聴覚口話法」(聴覚活用・発声・読話など)の「効果」と「限界」、ならびに「手話法」(手話使用)の「効果」と「限界」のそれぞれをどうとらえるかをごく簡単にまとめよ。さらに、インクルーシブ教育への志向の中で、また超早期に聴覚障害が発見されるようになった状況の中で、大切にされるべき点について詳しく考察せよ。
     聴覚障害児の発達を考える時、聴覚障害はコミュニケーションの問題と深く関係し、さらには言語の習得、認知の発達、パーソナリティの形成に大きな影響を及ぼす感覚障害といえる。
    聴覚障害教育において、「9歳の壁」の存在は大きく指摘されており、さまざまな方法で言語指導が行われてきた。9歳、10歳というとちょうど小学校3年生から4年生の時期にあたる。学校の授業で言うと算数なら分数や余りのある割り算が加わってきたりと、これまでは目で見たり、実際に教えたりと具体的・実際的なものを通して学ぶことが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。