佛教大学 S0840視覚障害教育総論 試験6題x解答

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,323
ダウンロード数61
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0840視覚障害教育総論 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0840 視覚障害教育総論 科目最終試験
    視覚障害児(盲児、弱視児)に対する自立活動について述べよ。
    視覚障害とは何か。また、主な視機能とその検査法、主な眼疾について述べよ。
    視覚障害教育の場の状況を踏まえた上で、視覚に障害のある児童生徒に対する特別支援教育のあり方について述べよ。
    視覚障害児(盲児、弱視児)の指導法について述べよ。
    視覚に障害のある乳幼児およびその家族への支援について述べよ。
    視覚障害児(盲児、弱視児)のための教材・教具について述べよ。
    参考文献
    『視覚障害教育に携わる方のために 4訂版』慶応義塾大学出版会
    1.視覚障害児(盲児、弱視児)に対する自立活動について述べよ。
     特別支援学校における自立活動領域の目標は、「個々の児童または生徒が自立を目指し、生涯による学習上または生活上の困難を主体的に改善・克服する」ところにある。
     特に、児童生徒の主体的な学習活動であることが強調されており、児童生徒が主体的に「学び取る」条件を整備するために、一人一人の発達段階やニーズを的確に把握し、興味や関心を持って働きかけることのできる教材教具や環境条件を適切に用意することが教員の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。