佛教大学 S0536人権(同和)教育 試験6題x解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,544
ダウンロード数103
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0536人権(同和)教育 試験対策 6題分の解答です。

    教科書の内容をわかりやすく、「最低限覚えるべきこと」をまとめているため、文字数は少ないかもしれません。
    少ないからこそ完璧に覚え、実際の試験時には個人的な意見を混ぜ、文字数増加のための単語変換を行い、大きめの文字で丁寧に記述することを心掛ければ、表面は埋まると思います。

    試験勉強の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0536 人権(同和)教育 科目最終試験
    学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922.03.03創立)」について論じること。
    部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)における同和行政(教育以外の取組を中心に)の取組について論じること。
    参考文献
    『同和教育実践 ―新たな人権教育の創造―』
    後藤直・萩本善三・井川勝 編著
    1.学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
     同和教育は、同和問題を解決するための教育の営みの総称である。同和地区の子どもたちは差別によって貧困の状態に置かれたまま放置され、劣悪な環境の中で生活を送り、十分な教育権が保障されていなかった。そこで同和地区の子どもたちの教育権を保障するという課題の克服を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。