佛教大学 S0106教育社会学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数515
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0106教育社会学 第一設題 レポートです。

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育は
    どのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』

    2013年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0106
     教育社会学 第一設題
       佛教大学通信教育課程
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育は
    どのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。しかし、学歴は配分の基準として考えられるため、学歴社会=高学歴社会とは一概に言うことはできない。では、高学歴社会とはなにを意味するのか。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉であり、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50パーセントを超える社会であるとされる。このことから、学歴社会と高学歴社会とでは、まったく異なる意味を持つと考えられる。重要なことは、学歴社会がただ単に教育を重視する社会ではないということである。
     学歴社会、いわゆる社会的・職業的地位を決める基準の一つが学歴であるような社会に対しては、古くからさまざまな批判がなされてきた。入学試験や、学校の管理・教育のあり方、学校外の教育産業に対する批判をはじめ、就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。