佛教大学 S0612生活科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数917
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0612生活科概論 レポートです。

    『生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし、生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。』

    2012年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     S0612
     生活科概論
       佛教大学通信教育課程
    生活科のこれまでのあゆみをまとめるとともに実際の授業における教育的成果と課題を明らかにし、生活科のこれからの展望について具体的なことがらを示して述べよ。
    (1章)生活科のこれまでのあゆみ
     社会は常に変化しており、社会状況が激しく変化することは教育環境の変化にもつながる。そういった変化へ対応するために学習指導要領の改訂が求められる。昭和40年代初等から低学年の社会科や理科のあり方が問題となり改善が図られていた。昭和50年代に入り、社会科と理科の内容を中心とした新教科設定が検討されるようになったが、低学年教科の再構成にまで意見はまとまらずにいた。合科的な指導が求められ、幾度も教科の検討を重ねた結果、平成元年の第五次改訂学習指導要領において生活科が新設された。そして生活科新設に伴い、小学校低学年の社会科と理科が廃止された。実社会や実生活で役立つ能力の育成が求められる中、低学年の教育のあり方を見直した上で、「生活者の視点で考えること」や「生活者としての能力の育成」を大切にしている生活科が誕生したのである。
     社会科と理科を廃止して新設さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。