佛教大学 S0101教育原論 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数519
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 S0101教育原論 第一設題レポートです。

    『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。』

    2012年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101
     教育原論 第一設題
       佛教大学通信教育課程
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
     ペスタロッチーは、1746年にスイスのチューリッヒで生まれた。彼は、観察は知識の根拠であるという命題から出発し、直観性の問題に多くの力をささげた。そのためにも子どもたちの観察はきちんと指導しなければならない。なすがままに自由にさせておくと、子どもは対象の本質的な性質ではなく偶発的な性質を取り上げて、思い違いから思い違いへと移っていってしまうからである。この「観察」の意義は、知識の習得とその後の作業のための「直観性」という手段の意義でもある。
     ペスタロッチーの教育方法は「子どもの自己(直観としての自己意識)」から出発し、子どもの能力および活動の発達と調和している。彼は、教育にはこの中心点である自己直観が必要であることを繰り返し強調した。ペスタロッチーの教育学を考察するにあたって、子どもの自己認識、自己直観、自己感覚の3点が重要であるということを忘れてはならない。ペスタロッチーは自己へ立ち返る自己感覚を「真理感覚」として非常に重視しており、彼は、教育は「自分自身を理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。