佛教大学 A6108心理学入門 第一設題

会員1,188円 | 非会員1,425円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,030
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 A6108心理学入門 第一設題レポートです。

    『社会的アイデンティティと偏見について解説しなさい。』

    2012年度 A判定

    レポート作成の際に、参考にしていただければと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     A6108
     心理学入門 第一設題
       佛教大学通信教育課程
    社会的アイデンティティと偏見について解説しなさい。
     社会的アイデンティティとは、自分の性別・出身校・サークル・勤務先・世代など多様なカテゴリーに基づいて、自分がその集団の一員であるという情報をアピールするといった、自己概念のあり様のことをいう。「私」として自分を定義する個人的アイデンティティとは異なり、所属集団のメンバー全体を「我々」とひとくくりに意識して行動するとき、人は他者について、その人が個人的にどういう人なのかというよりも、その人がどのグループに属しているのか、という方が問題となる。
     集団・グループには、個人には無い大きな力が潜んでいる。何人もの人間によって構成される集団だからこそ、その中の多数者の意見が暗黙や成文化問わず、ルールや価値観となって枠組みをつくり、個人の判断を歪曲してしまう。メンバーはその枠組みに自分をはめ込み、意見や行動を規範に一致させることが期待され、その期待から逸脱した者には、多くの場合が一致への圧力や集団からの排斥という形で、多数者の力が行使される。そのため、他のみんなが一致している中で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。