【佛教大学通信】 Z1118 教育相談の研究(中・高) テスト対策 【6題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数986
ダウンロード数119
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    1.自我と超自我の発達的問題とカウンセリングについて述べよ。
    2.青年期(中・高校生)の心理的諸問題とカウンセリングについて述べよ。
    3.発達援助的カウンセリングの意義と方法について述べよ。
    4.中・高校生の進路相談の意義と方法について述べよ。
    5.教師による教育相談(学校カウンセリング)の取り組み方について述べよ。
    6.青年期(中・高校生)における人間関係のトラブルとカウンセリングについて述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1118 教育相談の研究(中・高)テスト対策 
    1.自我と超自我の発達的問題とカウンセリングについて述べよ。
    わたしたちの心の中には三重の構造がる。すなわち「快楽を求める心」「快楽・理想のどちらかを選び自分の行動を決定する心」「理想の姿を求める心」フロイトは、それぞれを「イド」「自我」「超自我」と名付けた。
    この快楽を追及する心(イド)は、生まれながらに持っている本能だ。このイドは、自分のエネルギー(リビドー)を放出することが、満足につながるため、時と所、場所を選ばす放出しようとする。即ち、善悪を知らず、道徳を知らず、相手のことを考えない。この原則は、自分の快楽のみを追求するので、「快楽原則」という。乳児期の乳児の心は、全てイドによって満たされている。
    幼児期に見られる、自我はイドと現実の間を取り持つ為、外界を知覚し、どう行動すればよいかを考える。その意味で「自我」はイドの一部と言える。しかし、「自我」は次第に独立し、「現実原則」を知る。外界を知覚するようになると、自我における意識(外に向かって開かれた自我)が成長する。この時の、子供の反応が、第一反抗期だ。何の理由もなく反抗する過程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。