【佛教大学通信】 Z1117 教育方法学1(中・高) テスト対策 【6題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,049
ダウンロード数90
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    1.多様な学習者や社会変化に対応できる柔軟な授業が求められている。これを実践するために教員に求められる教育技術と、その技術を教師間で共有化していく方法を説明せよ。
    2.観点別評価について説明しなさい。また、目標準拠評価が導入された理由と本評価を行うに当たって配慮すべき点について述べよ。
    3.OECDが行っている「生徒の学習到達度調査PISA」における「読解力」で求められている能力について説明し、その能力を育成するための教育方法について5項目以上を提案しなさい。
    4.近年、学校で習熟度別授業を実施するところが増えている。実施する目的、考えられる利点、及び配慮すべき課題と欠点について述べよ。
    5.柔軟な授業を展開する中に情報技術(ICT)の活用が考えられる。
    従来の教科書を用いた授業と比較して、ICTを教育に活用する利点と留意点を述べよ。
    6.教師主導の授業と学習者主導の授業について、それぞれの利点と欠点を説明し、実際の授業方法にどのように活かすか述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1117 教育方法学1(中・高)テスト対策
    1.多様な学習者や社会変化に対応できる柔軟な授業が求められている。これを実践するために教員に求められる教育技術と、その技術を教師間で共有化していく方法を説明せよ。
    現代社会は、これまでの社会構造とは大幅に異なっている。なぜなら、インターネット等の情報通信技術の発達が、情報にアクセスする機会や教育を受ける機会を、格段に広げたからだ。これにより、人々は、いつからでも、どこにいても学ぶことができる「情報社会」、「生涯学習社会」に生きていると言える。そして「教育改革」の名の元、学校教育の根本的な見直しが論じられている。教育が「受けさせられるもの」から、「選んで受けるもの」にシフトしつつあるのだ。すなわち、公立学校ですら、消費者側のニーズにマッチできなければ、その存在のあり方を根本的に問われる時代となって来ている。このような時代背景を鑑みて、情報通信技術を教育に普及、浸透させる重要性や、情報技術を開発できる教員養成、教員の質を高める教職教養のあり方を見直す必要があるだろう。
    これまでの授業では、教授者によって何が教えられたかに重心を置く「内容教授主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。