【佛教大学通信】 Z1117 教育方法学1(中・高) 【レポート 第1設題】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数503
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    皆様の一助になれば幸いですが、参考程度にご使用願います。

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    現代社会は、これまでの社会構造とは大幅に異なっている。なぜなら、インターネット等の情報通信技術の発達が、情報にアクセスする機会や教育を受ける機会を、格段に広げたからだ。これにより、人々は、いつからでも、どこにいても学ぶことができる「情報社会」、「生涯学習社会」に生きていると捉えることができる。そして、「教育改革」の名のもと、学校教育の根本的な見直しが論じられている。教育が「受けさせられるもの」から、「選んで受けるもの」にシフトしつつあるのだ。すなわち、公立学校ですら、消費者側のニーズにマッチできなければ、その存在のあり方を根本的に問われる時代となって来ていると言える。このような時代背景を鑑みて、情報通信技術を教育に普及、浸透させる重要性や、情報技術を開発できる教員養成、教員の質を高める教職教養のあり方等を見直していく必要があるだろう。教育方法学の視点で捉えると、従来の知識伝達型の授業から、児童生徒の主体的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。