【佛教大学通信】 Z1114 学校教育過程論 テスト対策 【5題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数732
ダウンロード数18
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    1.学習指導要領を定める理由はどんなところにあるのか。そして今回の改訂された新学習指導要領(2011年以降施行)の特徴について各々論じなさい。
    2.現行の学習指導要領で定められた「総合的な学習の時間」のねらいはどんなところにあるのか。論じなさい。
    3.新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法にはどんな工夫が要るだろうか。具体的に論じなさい。
    4.新学習指導要領に対して、「学力の低下」が議論されている。「.学力とは何か」について論じなさい。
    5学習指導要領の変遷を見るに、1958年の改訂によって学習指導要領の性格は大きく変容した。この変容について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1114学校教育過程論テスト対策
    1.学習指導要領を定める理由はどんなところにあるのか。そして今回の改訂された新学習指導要領(2011年以降施行)の特徴について各々論じなさい。
    学習指導要領とはその時代に求められるさまざまなニーズを盛り込み、学校教育課程として現場において実施されるものである。そのため社会に大きな変容があるたびに、学習指導要領改訂が行われてきた。
    一回目は、明治の学制発布による教育改革である。これは、国民に教育を受けさせる機会を保障するものであった。
    二回目は、戦後の義務教育制および民主教育の発足に伴う教育改革だ。これにより、教育は大衆化された。同時に受験競争が過熱することになった。
    三回目が、ゆとり教育を推奨する教育改革である。これは、受験競争で過熱した学歴社会そのものを、悪ととらえ、新しい学力観に基づく、ゆとり教育への転換が行われたものである。このように、学習指導要領は、経験主義を重視した教育と系統主義を重視した教育の間で変遷を続け、それに伴い教育内容も変化してきたといえる。
    そして今回の改訂された新学習指導要領(2011年以降施行)の特徴は、これまでのゆとり教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。