【佛教大学通信】 Z1103 教育心理学1 テスト対策 【6題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数689
ダウンロード数45
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    1.発達の「一般的な原理」とされるものについてわかりやすく解説せよ
    2社会的学習理論のいう観察学習の過程について、その特質がわかるように説明せよ
    3.青年期の不適応行動の主なものについて分かり易く解説せよ
    4.知能と創造性の捉え方について、収束的思考・拡散的思考の観点から論述せよ
    5.内発的動機づけと外発的動機づけの過程について説明せよ
    6.幼児期、児童期ごとに子どもの発達特性をまとめよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1103 教育心理学1テスト対策
    1.発達の「一般的な原理」とされるものについてわかりやすく解説せよ
    発達とは・・受胎に始まって、年齢にともなう心身の変化。コフカは、「量的増大し、構造が精密化し、機能が有能化する事」と定義。
    発達は複雑な過程だが、いくつか原理原則がある。以下が一般的な原理。
    ①発達は、個体と環境との相互作用のうちに進行する
    →・発達の基本的枠組。・遺伝による影響は大きいが、環境との相互作用が働く(特に人的要因は影響力大)
    ②発達は、分化と統合の過程である
    ●身体の発達→・1個の受精卵が多数の細胞となり各々の役割に(分化)。
    ・細胞が組織を形成し、組織が器官となり、それらが身体を形成。(統合)●心の発達→・心も「知、情、意」の3つのバランス(統合)が重要。
    ③発達は、連続かつ非連続である
    →・部分変化は、全体構造の変化を生む→すなわち全体構造は非連続
    ・一方、誰もが同じ人間としてあり続けており、連続である事も明らか。
    ・即ち、機能の連続のうちに、質的に異なった非連続の構造を生み出す。
    ④発達は、方向と順序がある
    →・身体的発達は頭から下方へ、中心から周辺への方向あり。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。