【佛教大学通信】 P6701  異文化理解(西欧) テスト対策 【6題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,033
ダウンロード数60
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    1.EU統合は歴史的にどんな経緯をたどったか、EU統合真の意義は何か?
    2.EUが今後たどるであろうと思われる道筋について、過去のヨーロッパの歴史を参考にしながら述べよ
    3.EU諸国間の「自由移動」の実態について考察せよ 
    4.EU統合の論理と民族の論理との間に存在する緊張関係は何か述べよ
    5.EU諸国における近年の移民労働者問題について考察せよ 
    6.イギリスは今までEUとどういうスタンスで関わってきたか考察せよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6701 異文化理解(西欧)テスト対策
    1.EU統合は歴史的にどんな経緯をたどったか、EU統合真の意義は何か?
    EU(欧州連合)は1993年マーストリヒト条約の結果誕生。
    現在は27カ国が加盟。さらにクロアチアが2013年28カ国目の加盟国となる見通し。そしてEUは前身であるEC(欧州共同体)が発展して形成された。ヨーロッパでは何度も戦争が繰り返され、これを防止する目的でECは結成された。さらに発展した、EUの目的は、ヨーロッパ全土の平和を維持し、不戦共同体としての在り方を確立する事。
    この試みは、ヨーロッパの経済・政治形態を変化させ住民の価値観・生活形態に多大な影響を与えた。国境廃止は、交通の自由を生んだ。
    ヨーロッパ市民、多文化主義といった新たな言葉を創設した。
    そもそも、一般的なヨーロッパの意味は、多様性・共通性というもの。これはヨーロッパそのものが、分裂と統合を繰り返す、不定形な歴史的過程を有した事に関係。異民族により形成されたヨーロッパは5世紀の民族大移動を経て、多くの諸王国の分裂統合を繰り返した。
    大きな転換期はフランス革命であり、この革命がもたらした諸問題の解決策とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。