【佛教大学通信】 P6305 米文学研究 テスト対策 【5題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数671
ダウンロード数31
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    ①『グレート・ギャツビー』を、歴史から読んでその面白さを述べなさい。
    ②『グレート・ギャツビー』を、語り手から読んでその面白さを述べなさい。
    ③ロチの『お菊さん』をポストコロニアルの視点から読んでその面白さを述べなさい。
    ④『二つの教会』を、歴史から読んでその面白さを述べなさい。
    ⑤『老人と海』を、謎を手がかりに読んでその面白さを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6305 米文学研究
    ①『グレート・ギャツビー』を、歴史から読んでその面白さを述べなさい。
    歴史的情報①アメリカは1947年ドイツに宣戦布告し、WW1に参戦。翌年終戦。わずか1年半の参戦で11万人以上の将兵が死亡。20万人以上が負傷。②WW1による精神崩壊者は、ある調査によれば大多数。③戦争債を米国財務省が発行したことにより、20世紀最大の大衆投資ブーム。証券業界は大勢の人材を必要とした。この作品の語り手はニック。彼は1922年秋、ニューヨークから生まれ故郷に戻ったが、この作品は1923年から24年にかけて、1922年の夏の数ヶ月に起こったギャツビーとの出会いと別れを、彼が回顧する物語。彼がニューヨークに来た2つの理由。「戦争を心行くまで堪能したから、帰国しても心が落ち着かなかった」「とりあえず証券業を選んだ」歴史背景から、戦争を心行くまでは楽しめないはず。作者ジェラルド自身も軍隊入隊したので、強い関心はあったはず。さらに、戦争が直接もたらす後遺症にも関心あり。ニックは直接身体に現れれていないが、「宇宙の果てのギザギザな断崖」いるという感覚はPTSDの症状に該当。ギャッつびーの希望を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。