【佛教大学通信】 P6305 米文学研究 【レポート 第1&2設題セット( A4・11ページ )】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数1,081
ダウンロード数82
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    以下2設題がセットになっております。
    設題毎にタイトルを色分けしていますので、大変見易いかと思います。
    皆様の一助になれば幸いですが、参考程度にご使用願います。

    ●P6305 米文学研究・レポート・第1設題
    『グレート・ギャッツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。

    ●P6305 米文学研究・レポート・第2設題
    『グレート・ギャッツビー』はアメリカ人の間で人気が高いのであるが、その理由はどんな点にあると考えるのか、具体的な描写を2つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『グレート・ギャッツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
    F.スコット・フィッツジェラルドによる『グレート・ギャツビー』は、主人公ギャツビーが一途の愛のため、かつての恋人デイジーをトムから奪い返そうとする物語である。そして作者のフィッツジェラルドはいわゆるロスト・ジェネレーション作家の一人である。すなわち、第一次世界大戦に参加し、戦地での恐怖体験により、精神的に虚無的で無気力に生きざるを得なかった部分も持ち合わせている人物と考えられる。つまり、フィッツジェラルド自身の中にも、深い喪失感やまばゆい幻想といった感情が渦巻いていたかもしれない。その思いを『グレート・ギャッツビー』の中において、感覚的描写として、時には色彩感覚を帯びたものとして、あるいは音による感覚的表現として描かれているものと考える。この様なことを踏まえて、『グレート・ギャッツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を挙げながら述べていきたいと考える。
    まずは、主人公ギャッツビーに関する感覚的色彩描写を見ていきたい。ヒロインであるデイジーの名前の由来は、淡いピンクや白色..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。