【佛教大学通信】 P6101 英米文学概論 テスト対策 【6題解答案】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数722
ダウンロード数28
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題に対する解答を、テキスト・レポートから抜粋し、分かり易くまとめております。


    【短時間で一発合格】 を目標に毎試験に臨みました。

    従って、脈絡なく意味不明のまま覚えるのではなく、語句のつながりを大切にし、
    スーッと頭に入るように心がけて作成しています。

    本解答案を暗記することで、私は一度も科目最終試験に落ちずに済みました。

    さらに、少量の私見等を盛り込めば、概ね裏面3分の1まで、答案用紙が埋まりますので、
    安心して採点結果を待つことができると思います。


    皆様の、スムーズな学習のご参考になれば幸いです。


    ★設題内容★

    ①シェイクスピアとミルトンについて述べなさい。
    ②ワーズワース、コールリッジ、バイロン、シェリー、キーツ、について述べなさい。
    ③オースティン、ディケンズ、ブロンテ姉妹、ジョージエリオット、ハーディ、について述べなさい。
    ④ジョイス、ウルフ、ロレンス、TSエリオット、グリーン、について述べなさい。
    ⑤ポー、ホーソーン、メルヴィル、トゥエイン、Fスコット、フィッツジェラルドについて述べなさい。
    ⑥フォークナー、ヘミングウェイ、スタインベック、ベロウ、サリンジャー、について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6101英米文学概論テスト対策
    シェイクスピアとミルトンについて述べなさい。
    ウィリアム・シェイクスピアは、エリザベス女王即位から6年目の1564年に生まれた。1594年から、宮内長官座と呼ばれる劇団の役者として舞台に立つと同時に脚本も書き始めた。約20年間に37編の作品を書いた。27歳の頃までには、『ヘンリー6世』を主人公とする3部作を書き、評判となる。そんな彼の名が広く一般に知られるようになったのは、『ヴィーナスとアドーニス』によってだ。これは、女神ヴィーナスと美少年アドーニスの恋を官能的に描いた好色叙事詩である。
    また、シェイクスピア劇の創作年代は4つの時期に区分される。第1期ではヘンリ6世、リチャード3世を主人公とする歴史物を書いた。同時に、喜劇『じゃじゃ馬ならし』も好評を得た。この時期の最高傑作は、『ロメオとジュリエット』である。ヴェローナの名門モンターギュ家のロメオと、キャピュレット家のジュリエットとの悲しい愛の物語である。
    第2期では、16世紀最後の5年間で、8つほどの劇を書いた。特に3つの劇が有名である。『ヴェニスの商人』の主人公は、キリスト教徒の犠牲になる哀れなユダ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。