政治学:マス・デモクラシーについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数131
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    政治学の課題「マス・デモクラシーとは何か」について述べたレポートです。約3200文字

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マス・デモクラシーについて
     マス・デモクラシーは、現代社会の政治過程の特質を顕著に示したものであり、産業革命によって大衆社会が形成され、社会構造が変化するとともに古典的デモクラシーが変質発展し、大衆社会を背景とした現代社会におけるデモクラシーである。その背景には、普通選挙制の成立による大衆の政治参加、政党や労働組合の発展、マスコミの発達があげられるが、マス・デモクラシーにおいて、それは議員中心から政党主導へ、圧力政治、マスコミの過剰報道および偏向報道による政治の情緒化・世論操作、政治的無関心などという問題がうみだした。
    マス・デモクラシーの下、名望家政党は選挙民の支持を獲得するために、大量の党員と巨大な党組織をもつ大衆政党へと発展していった。しかし、大衆政党はイデオロギー上の対立などから分裂し、共産主義政党、社会民主主義政党、社会主義政党などとなり、勢力を分散した。多党制は、多様な政治的要求と利益をより広く代表することができるという大衆化に即応した長所がある。しかし、同時に要求を実現する可能性が低下するという短所もある。それは、多数党が出現しにくく、単独政権の可能性が小さいからである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。