ミュラー=リヤー錯視

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,054
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    京都文教大学心理学基礎実験レポートです。
    ミュラーリヤー錯視の歴史をまとめてあります。
    実験レポートの前書きに利用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ミュラー=リヤー錯視の歴史
    錯覚は人を引き付けてやまない。ごく日常的な出来事である。発見に貢献した人々は、心理学者のほかに、自然学者、天文学者、物理学者、科学者、生理学者、数学者、等いろいろな分野から出ている。「目の錯覚」とは目だましである。錯覚を通じて我々の目が、簡単にだまされなしことを知る。しかし99.9%のところ、日常的な行動に支障はない。少なくとも、かつての人間が自然な速度で生活し、素朴な道具を用いて生きていた場合には問題がなかった。むしろ、少しばかりの錯覚は、人生に彩りを与える。主観的な知覚と客観的な事実とのずれを認識するとき、我々は、新たな自己発見をしている。そのズレは、我々の眠っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。