中年の心理と行動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数163
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    京都文教大学のA評価レポートです。
    設問;仕事について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中年の心理と行動レポート
    「仕事について」
    男性優先の社会では、見かけは男性が強い。男性は、自分が(女性よりも)強い立場にいると錯覚するため、男性の自尊心が満たされやすく、男性は自己の立場の弱さに気づきにくい。男性中心社会の神話は、こうして生まれた。この場合、男性には、自分の置かれている立場の弱さ・悪さの自覚がない(男性優先の本当の意味を取り違えて、自分は強いとうぬぼれている)。 男女平等が唱えられ、男性の女性に対して当然のように世話や奉仕を要求できる特権=「男尊女卑」が剥奪されるようになったことにより、社会の実権を握っている女性の強さが、前面に徐々に出て行き始めた。
    しかし本来女性性は「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。