P‐Fスタディ成立の背景と評点法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数295
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    京都文教大学、心理アセスメントレポートです。     
      P‐Fスタディ(Rosenzweig picture-frustration study,P―F study; 絵画欲求不満テスト)の成立背景と評点法をまとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P-Fスタディ
    <成立の背景>
    P-Fスタディとは
    欲求不満場面に対する反応様式から、自我防衛水準での被験者の反応の背景に潜む人格の独自性を明らかにする目的で、アメリカのSaul Rosenzweig (ソール・ローゼンツァイク)によって考案された、投影技法ないし投影テストの一種。(ローゼンツァイクは半投影法と称している。)
    ・the Picture-Association Study for Assessing Reactions to Frustration
    (欲求不満反応を査定するための絵画-連想研究)
    ↓(省略)
    Rosenzweig Picture-Frustration Study
    (ローゼンツァイク絵画-欲求不満研究)
    ↓(省略)
    P-F Study (P-Fスタディ)
    言語刺激に対する連想という点で「言語連想検査」を参考とし、絵画刺激を用いるという点で投影法の「TAT:絵画統覚検査」を参考としている。
    ローゼンツァイクの研究歴
    1920年代 ハーヴァード大学において、哲学者達のフラストレーション、欲求、創 造的な業績の相互関係について研究を始める。
    続いて、フロイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。