P-Fスタディ実施目的と効果

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数786
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    京都文教大学心理アセスメントのレポートです。      
      P‐Fスタディ(Rosenzweig picture-frustration study,P―F study; 絵画欲求不満テスト)の目的と効果についてのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理アセスメント
    P‐Fスタディ(Rosenzweig picture-frustration study,P―F study; 絵画欲求不満テスト)
    〈目的〉
    PFスタディの目的は、 欲求不満場面に対する反応様式から、自我防衛水準での被験者の反応の背景にひそむ人格の独自―性を明らかにする。
    〈著者名〉Rosen37c埴,S 〔成人用〕住田勝美 林勝造:一谷〈出版社名〉三京房く適用年齢〉〔成人用〕15歳以上(高枝生以上)
    〈成立の背景】
    ・P-Fスタディはワシントン大学のSaul Rosenzweigによって考案された投影技法ないし投影テストの一種である。
    ・正式名称は、「欲求不満に対する反応を測定するための絵画連想研究:The Picture-Association study for Assessing Reactions to Frustration。」といい、略してPicture-Frustration Study,その頭文字をとって「P-Fスタディ」としたものである。
    ・ローゼンツァイクの研究歴
    1920年代にハーバァード大学において(Schopenhouer,Niet..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。