明星大学通信教育部 2014年 知的障害者の心理 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数87
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部 2014年 知的障害者の心理 2単位目の合格レポートです。 2015年度版も同じ課題だと思われます。漢字や誤字脱字などの間違い等があるかと思いますが、参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2014年 PL2010 知的障害者の心理 2単位目
    課題:1.知的障害児における社会的スキルの必要性について論じ、基本的な訓練技法についても述べよ。
    2.知的障害児へのコミュニケーション指導の配慮事項と指導の実際について述べよ。
    1.私たち人間は、生まれてから多くの人たちと関わりながら、知識や技能を身につけて成長していく。その中で、対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技術のことを「社会的スキル」と言い、私たちは、直接的あるいは間接的な経験や体験によって習得していく。しかし、知的障害児の多くは、知的発達の遅れ、運動発達の遅れ、言語発達の遅れ、応用力・適応力の弱さ、耐久力の弱さというような特性により、学校などの集団生活場面や対人(友人)関係で困難を示すことが多々ある。これらのつまずきを改善し、社会の中でより良い生活を送る為にも、正しい社会的スキルを身につける必要があるのである。そして、場面に合ったルールを学び、それを守り、集団場面や対人面で、適切な行動が出来る様な力をしっかりと身につけなければならない。
    社会的スキル訓練(SST)の基本は次のような流れで行っている。①目標となる社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。